2017年6月15日木曜日

Forza Horizon 3で気づいた・知ったことのまとめ

技術であったりレコードブレイカー等で使える話を知っているだけひたすらまとめる記事です。



トピックを羅列するだけなので読みにくいです。
時々更新します。


仕様・バグ


・Drivatarの出現

 Drivatarの出現はミニマップでのアイコンが示しています。フリーローム中にレコードライン上に重なる厄介なDrivatarが居た場合はリワインドを使い、ミニマップ上から消し去るとそのDrivatarも消えます。一般車両も同様。


・オブジェクトの再生

 破壊したオブジェクトはその位置から遠方に離れた際に復活。
 車自体を動かさなくてもドローンモードで遠くに移動するだけでも復活。


・オブジェクトの位置計算バグ(要検証)

 位置計算が異常でめり込んでいる一般車両が現れたとき、通常車両で近づくと再計算され急に戻るがドローンモードだと再計算されない。仕様?


・スピードトラップ

 Goliath CircuitでSurfers Paradiseに入る際に通過する橋、その上にあるスピードトラップは橋の下を通過してもカウントされます。


・オブジェクトの残存

 RIVALを起動→すぐ戻るを繰り返しているとレース時に出現するオブジェクトが一部残存します。
 コリジョンマップは残らないようなので残存したオブジェクトに当たり判定はありません。

実績・Forzathon・スキル


・Forzathonのイベント・レース指定について

 Forzathonのイベント・レース指定の表記は様々あります。それらと各イベント・レースの関係性についてまとめると

Any Eventエキシビション、チャンピョンシップ、ストリートレース、ミッドナイトレース、
バケットリスト、プレイグラウンド(要検証)
Raceエキシビション、チャンピョンシップ、ストリートレース、ミッドナイトレース
ANY Raceエキシビション、チャンピョンシップ、ストリートレース、ミッドナイトレース、1on1(Head2Head)
Co-opCo-opキャンペーンモードでの各レースイベント、バケットリスト

のようです。Rivalはレースとはカウントされないようです。
CompleteやClearであれば完走、Winであれば勝利が条件のよう。


・特殊スキル(コンボ)について

特定の基本スキルを特定の条件下で成功させることで発生するスキルがあります。

スキル・コンボ名(英)コンボ名(日)達成条件
Landscaping柵やフェンスを破壊
Lamberjack流木・木の根っこを破壊
Daredevilニアミスを短時間で3回
Stuntmanスタントマンドリフト→エア
Ebisu Style ランク2以上のエアとランク2以上のドリフトをほぼ同時に行う
つまり無印のエアとドリフトはカウントされない
Threading the Needle並走する2台の車の間をニアミスで通過
厳密に横並びでなくても2台が接近していれば良い。
Hard Charger バーンアウトスキル後35秒以内にスピードスキルを発生
Kangaroo エアを短時間で3回
Sideswipe ドリフト中にオブジェクトを破壊
Crash Landing エアスキル後1.5秒以内にオブジェクトを破壊
Lucky Escape ドリフト中にニアミス
Wrecking Ball 短時間に8個のオブジェクトを破壊
Great Skill Chain
Awesome Skill Chain
Ultimate Skill Chain
 スキルチェーンの素点が5000pts
スキルチェーンの素点が10000pts
スキルチェーンの素点が20000pts
Trashman ゴミ箱をふっとばす
Snowman 雪だるまをふっとばす
Showoff ドリフト中にオーバーテイク
Slingshot スリップ(ドラフティング)→オーバーテイク
Airborne Pass 滞空中にオーバーテイク



・スキル達成について

 特定のスキルに関してはリワインドで再カウントされるので、「ランプ→Ultimate Air→リワインド→ランプ」のように繰り返すことでスマートに達成可能。


・ユニコーンや高額車両が課題のForzathon

 公式がブループリントバケットリストで該当車両と該当スキルを課題にしたバケットリストをだいたい公開するのでオークションに張り付かなくてもOK


・ランバージャック

 HWExpansionのAutoshowがある島の砂丘の上に木の根っこや流木が多くあり、本土よりも楽に稼げます。


・HWExpansion「Jeep Trick」

 Jeep Trailcatは下手にいじるとフルチューンでもUltimate Loop-the-Loopを達成できないことがあるので、オートアップグレードで最高設定にすると手っ取り早いです。


・HWExpansionの目標タイム系の課題

 Stunt SwapでBoost Jumpを選ぶだけで攻略が容易に。実績もこの方法で簡単に獲得可能。


・バレルロールや2ホイール

 Timber Millの材木置き場。小さい方の材木の山で2ホイール、大きい方の山でバレルロールを稼ぎやすいです。


・「Rivalに勝利」がつらい時

 忘れがちですがランキングから任意のゴーストを引っ張ってこれます。


・HORIZON Promo

 未撮影の車両はレースのブループリントで参加車両を任意に決定して呼び出すと楽。
 トラック・バス以外の一般車両もカウントされる。


金策


・各金策の比較
 



 調査中





・オークションの価格設定

 レジェンドペインターになることでオークション開始時の価格やBuyoutの価格の上限値が大幅に上昇します。
 通常の価値が低いレアカー・ユニコーンはこのシステムで時々高額転売されています。


・レジェンドペインター以外で競売で稼ぐ方法

 今後のForzathonでユニコーンやBarn Findの車を使用する場合、開催より前に競売で落としておいて、期間中に流すとちょっとだけ高く売れます。時より2倍ぐらいの売値になります。
 開催回報酬のユニコーンカーを確保しておくのもアリです。時折レジェンドペインターがBuyoutで確実に仕入れを行う場合があり、そのタイミングに当たればほぼほぼBuyout価格で車両を売れます。

ホイルスピン


・100.000CR

 スピンの中に100,000CRがあった場合は殆ど確実に100,000CRが当たるが、メインのプライズが代わり当たる場合もある。


・イベント報酬車両

 M3、GNX、RX-7、ムルシエラゴ等のミッドナイトレースの報酬やガヤルド、コンチネンタルGT等のPEAK報酬もスピンプライズの対象になる場合が稀にある(過去にコンチネンタルGTとGNX(?)、現在はムルシ。ミニはHEが沸く)
 ちなみにこれらの車両はゲーム内では通常1度きりの報酬だが、最初期からプレーしているユーザのうち、リリース直後にミッドナイトレースをクリアしていたプレイヤーはもう一度だけ入手できる場合がある。

車両


・HE車両についてアレコレ

 ・ドリフトスキルブーストの殆どの車両はステアの切れ角が上限を突破している。
 ・一部車両は通常のレーシングサスペンションの上限値より車高が低くなっている。
 ・上記のようなユーザ側で設定できないセッティングが適応されることがしばしば。
 ・ベース車両とは別車両扱いなのでラップやプリセットは移行できない。
 ・オークションでの開始価格は最低でも200,000CRで、供給過多なカウンタックHEなどはオークションではまず売れない。
 

・最強の車両

 トータルで見た場合、恐らくLamborghini Centenarioです。
 パケやゲーム開始時のチュートリアルでぶん回す車です。
 総合的な性能は恐らく全車両中で最高の分類です。
 車両自体は非常に高額ですが価格に見合ったトンデモ性能を有しています。

 1. Xクラスに到達可能
  容易にXクラスに到達します。
  全車両のRPが999に固定されるXクラスにおいては、表面化されないRPが存在しており、これらの最大値は同Xクラスの中でもまちまちです。
  センテナリオはデフォルトで956(S2)ですがターボスワップ・エアロ装備時には1053相当(小数切捨ては考慮外)になります。羽根を取ったり、RWDスワップでもう少しRPを上げられるようです。
   もちろんRPが純粋なマシン性能を反映しているわけではありませんが、脅威の数値ではあるかと。

 2.デフォルトでAWD
  RWDが極端に乗りづらいゲームである為、AWDである事だけでも大きなアドバンテージになり得ます。 今作も漏れなく駆動方式のスワップが可能です。
  これは個人的な見解ですが、AWDスワップを行うよりデフォルトでAWDである車両のほうが旋回性能であったり扱いやすさが高い印象です。
  空力もガンガン利き、旋回性能も抜群に高く、超高速域ではRWD並みのコーナリングが可能です。

 3.十分なパワー
  ターボスワッピングをしていない状態ですが、最高速は420kph強に到達します。
  加速性能も非常にパワフルです。

 4.カッコイイ
  カッコイイです。


・スピードゾーン、スピードトラップに向いている車両
 
 アイデアと車両次第で全1も夢ではないです。

 Jaguer D-Type: フルチューンで470kphを超える今作最速の車両。最高速度に全振りすると全く旋回・安定しない問題児。
 Lamborghini Centenario: 前の項目でもあげた通り。主にスピードゾーンやコーナリングを必要とするスピードトラップで活きる。
 Lamborghini Aventador: センテナリオが買えない人用。総合能力はややセンテナリオの下位互換だが直線がもうとにかく速い。
 Lamborghini Veneno: 安定性と最高速度共に高いが価格も高い。
 Koenigsegg One:1: めちゃくちゃなパワーウエイトレシオによるめちゃくちゃな性能が特徴。AWD化すると長所が犠牲になる。
 Porsche 918 Spyder: Forzathonなどでタダで手に入る。最高速度はランボルギーニやFORD GTに劣るが、安定性が異様に高い。
Ford GT: まともに運転できる車両の中でも最高速度が高い。AWDスワップすると旋回性能が地を這う為、上4台のほうが活用できる。
 その他ハイパワーAWD: タイヤ速度グリッチで速度がおかしくなる。 


・ゴリアテに向いてる車両

 オフラインでの稼ぎや野良部屋でのレースで活用できればと思います。Xクラス想定です。

 Lamborghini Centenario:超高速域での性能が群を抜いている。最高速度も比較的高い。
 Lamborghini Veneno/Aventador/Huracan:ほぼセンテナリオと同等か下位互換。ウラカンはXPブーストが積める。
 Ford GT:HEでクレジットブーストが積める。ものすごく直線が速いがコーナーはそこまで速くない。
 Dodge Viper ACR Gen 2:HEでクレジットブースト。AWD化した際の旋回性能はGTより上だが、最高速は伸びない。
 Porsche 918:Xクラスでも相当速い。直線がやや遅いかも。


・車両不具合アレコレ

 ・Terradyne Gurkhaで車高を限界まで下げるといろいろめり込む
 ・Jaguer D-Typeのリアハッチは異常な動きをする。
 ・Pagani Zonda RのリアスポイラーはコスメティックダメージOFFでももげる


その他


・Carmeetのある建物の謎

 Carmeetで集まる建物の屋上はフィールドマップとは別モデルで作られているもの。
 エレベータのようなものが3ヶ所存在していますが、どれも位置がかみ合っていない他、エレベーターが登るであろう空間もありません。
 Carmeetに入る判定はスロープ前の平坦な箇所のみであり、スロープより先(上のほう)には判定が存在していません。
 一部判定が南側にはみ出ており、南側の通用口に止まっているトラックの後ろ側に突っ込んでも別マップに強制ワープ。
 ポーズメニュー展開中はCarmeetのアクセスが無効化されるが判定は一応拾う。この場合は建物北側に瞬間移動。


・HWExpansionのイントロ

 イントロ時のチュートリアル(Festival Siteへ向かうイベント)で走る道の序盤は、本編で使用されていない。途中から本編で使用される道に合流する。


・納屋の中

 Barn Findでお世話になる納屋の中には内装と見られるテクスチャがある一方、コリジョンがないので中に入ってもそのまま奈落に落ちる。







グリッチについて

前の記事を読んで

0 件のコメント:

コメントを投稿